第6回 エディターが学ぶ初めてのプログラミング(JavaScript編 for文と演算子)

毎日10分耳に輪ゴムをひっかけると小顔になると聞き、早速実践しているエディター若栁です。
エディターが学ぶ初めてのプログラミング、略してはじプロ。第6回!!

前回までで不具合の改修も終わり、ゲームとして動くスロットゲームができました。
今回は、第4回で触れたif〜else構文と組み合わせて使うことも多い、for文を学んでいきます。

for文とは

for文は「●●という処理を△△まで続ける」という、繰り返しの条件を指定する文です。

1行目:iという変数を宣言
2行目:どんな条件まで続けるか
3行目:繰り返しの処理内容

今回の中身は「変数iの初期値は0。iが10を超えない数、つまり9になるまで、iに1ずつ加算する。それを画面に書き出す」という指示です。
文字にするとややこしいですね・・・。

コードを実行すると、以下の数字が画面に表示されます。

演算子とは

先ほどのコードの2行目に、i++という見慣れない文字列があります。

これは演算子(えんざんし)といって、前後の数値や数列に特定の処理を実行させます。i++は「iに1を加えた値を代入する」という意味です。その手前にある、i < 10; の< も演算子で、これは比較演算子。<の左右を比べます。ナントカ演算子、はこれ以外にもたくさんあります。

do〜whileとwhile

for文以外にも、繰り返し処理を扱う構文がいくつかあります。do〜whileと、whileです。
比較しやすいように、for文のコードも再掲します。

同じwhileを使う構文でも、do〜whileとwhileには違いがあって、条件によって処理結果に差がでます。

変数iの数値を変えて、出力結果の違いを確認してみます。

必ず1回は処理されるか、条件によっては0回の処理か、という違いがあります。

以上、for文と演算子についてお送りいたしました。