中学生からアプリ開発について取材を受けました

3月ぐらいに宮城県内の中学生から連絡をもらい、
「授業の一環でアプリ開発について調べてるので取材させてください」
という依頼を受けました。

 

「総合学習」という授業の一環とのことでしたが、僕が中学生のころはそういったことはなかったので
「へー、そんなのあるのか。。。面白そう」ということで、快諾しつい先日取材を受けました。

 

取材日当日、男の子5人でやってきてまずはご挨拶、簡単に自己紹介などした後
用意してきた質問に受け答えします。
内容としては

 

  • アプリの開発の流れ
  • アプリ値付けの方法
  • エンジニアの具体的な仕事
  • デザイナーの具体的な仕事
  • エンジニアとプログラマの違い

 

などなど。。。

 

来てくれたメンバーの中には将来この業界を目指してる子もいたみたいで
「どうしたらエンジニアになれるのか」というアツい質問が出たりしました。

 

数学、英語、物理をとりあえずがんばってください。。。と言ったら引いてましたが(^_^;)

 

質疑応答の後は、弊社事務所を見てもらい、守秘義務に問題ない範囲で
どういう風にアプリを作ってるかなどを見せたりしました。

 

やっぱり実際に目で見るのは一番食付き良かったと思います。

 

訪問から数日後、中学校から手紙が届き、各人の感想が手書きで書かれていました。
なぜか「ガンダム」という文言が結構見受けられたのは誰のせいなのか。。。
IT業界=ガンダムという認識を強く持たせてしまったように思います。
→かなり間違ってないですが。

 

あまり外部の人に社内を見てもらうことって少ないように思うので
社内的にもよい刺激になったのかなと思いました。

 

以上です。