Firebase を使ってみよう【Firebase CLI の導入編】

firebase

こんにちは。エンジニアの辻です。

前回は、Firebase アプリの作成まで行いました。
今回は、前回に予告していたFirebase CLIの導入を行っていきます。

Firebase CLI とは?

Firebase CLI とは、文字通り Firebase のコマンドラインインターフェースです。
Firebase の様々なサービスをコマンドで利用できます。

例えば、Firebase hosting サービスを利用している場合は…、

…のコマンドを実行するだけで、指定のディレクトリを簡単にデプロイできます。

Firebase CLI を導入しよう

Firebase CLI の導入手順は以下の通りです。

  1. Node.js のインストール
  2. Firebase CLI インストール
  3. Firebase CLI でログイン

Node.js のインストール

Node.js をインストールしていない方は、インストールしておきましょう。
Node.js 公式サイトからLTS版をダウンロードしても良いです。
個人的には、nvm や nodebrew などの Node.js のバージョン管理ツール経由でインストールする事をオススメします。

Node.js のインストールが完了しましたら、以下のコマンドをターミナルで実行してみましょう。
Node.js が正しくインストールされていれば、ローカルの Node.js のバージョンが表示されます。

Firebase CLI インストール

次に Firebase CLI をインストールします。

以下のコマンドをターミナルで実行すると、Firebase CLI がインストールされます。
(-g オプションがついていますので、グローバルにインストールされます。)

Firebase CLI でログイン

Firebase CLI のインストールが完了しましたら、早速使ってみましょう。

まずは、以下のコマンドをターミナルで実行します。

このコマンドは、文字通り、Firebase アカウントへログインするコマンドです。
実行するとブラウザが立ち上がり、google アカウントの認証画面が表示されると思います。
画面に沿って、ログインしてください。

ログインに成功すると、ブラウザに「Firebase CLI Login Successful」というテキストが表示されます。
ここまで来ましたら、ブラウザは閉じてしまって構いません。

まとめ

短いですが、今回はここまでです。
お疲れ様でした。

次回は、実際のフロントエンドプロジェクトを立ち上げて Firebase アプリを連携していこうと思います。

では、また!



❏❏ TOPIC ❏❏ ------------------------------------------------------------

カスタム自由!フリーECサイトパッケージ
チャットボット導入サービス
WEBシステム開発・スマホアプリ開発はSRIAへ